スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン2

木村拓哉主演の『エンジン』
そろそろ最終回となるらしい。

チーム・イチノセの監督にお願いしてマシンを貸してもらえる事になったらしい。

え~~~!?!?

賞金でホームを救う為らしい。

え~~~!?!?
マシンって・・・
F3のマシンだけど、カラーリングは、TOM's(トムス:トヨタのワークスチームみたいな所。メーカー直系のチームみたいな事)カラーだし。
そんなもん、一個人に勝手に貸しちゃっていいのか?

F3は、カテゴリーが下の方かもしれないけど、1台を一年間走らせるのに、数百万円ぐらい用意しても、走らせられない。一千万円以上かかる。(最低でもね)
何とか予選通過すればいいんでねぇかい?ぐらいの満足なら、その程度でもいいだろう。
勝ちたいのなら、もっと金かかる。

『ドラマなんだから、いちいち、細かい事言うなよ。つまらん奴だ!』

そー言われちゃーおしまいですな。確かに、その通りです。

ま、この話しは置いとく事にしましょうか。

レースの賞金で子供達が居たホームを救うって・・・

数十万円しか貰えない賞金じゃーどーにもならんでしょ。

今の日本国内の四輪レースじゃー・・・いや、二輪のレースも同じ。
レースの賞金なんぞじゃ、全くもって、生活すらできない。
しかも、全日本シリーズチャンピオンになったって、チャンピオン賞金なんて、スズメの涙。当然、それでも、生活できない。

イチノセ監督が、「300万円やる。これで、チームを辞めてくれ。退職金だ。」と言われた様だが、レースの優勝賞金の10倍以上じゃないのか?(現実の日本では)

F3クラスのレースでの、1レースでの優賞賞金なんて、30万円も貰えないはず。

300万円貰った方がいいんじゃないか?

全日本のフォーミュラーNIPPONとか、GT選手権あたりの、チャンピオン経験のある有名ドライバーも、賞金なんぞで生活が成り立っているわけじゃない。でも、レーサーという職業で食っている。
それは、実力を見込まれて、過去の実績も踏まえて、『今年も素晴らしい成績を残すだろうし、そこに目を付けて、多くのスポンサーがワンサカ飛びついてくるだろう』と言う予想の元、チームが多額の契約金と年間報酬を用意し、しかも、レーサー個人に自動車パーツメーカや、その他のパーソナルスポンサーがついて、多くの収入があるから、成り立つのである。

そうでない場合は、レーサーという職業の他に、自分で会社(車関連の会社を起こしている人もいれば、全く関係ない商売をしている人も居る)を起こして生活している人もいる。そこにプラスして、テレビ出演したり、車雑誌のレポーター、評論家をしたりの副業で稼いでいたりする。

日本のレースの賞金が安いのは、私一個人の予想だと、以下の通り。

1.日本のレースはヨーロッパのレース様式を手本としている。

ヨーロッパでは、二輪レースも四輪レースも元々は、大金持ち(貴族、大実業家等)しか車もオートバイも所有出来ない時代に始まった。
金持ちが、公道を攻めまくって個人的に楽しんでいたが、「実は、私は、世界一速い男かもしれない?」って欲求から、「それじゃ、競争してみようじゃないか!」と始まったらしい。初期のレースは、イギリスなどでは、TT(ティーティーと読む)、いわゆる、ツーリストトロフィーの略で、読んだ通り、「公道レース」だったのだ。

おっと、能書きは、この辺にしといて、要するに、ヨーロッパでは、元々、レースは、賞金を稼ぐ手段ではなく、名誉、栄誉を獲る手段だったのだ。

現在でも、ヨーロッパが発祥であるF1 GRADPRIXも、その規模の割に、異常に賞金が安く、F1ドライバーも、F1チームも、賞金だけでは、全く持って成り立たない状況である。

実は、ヨーロッパや日本に相対して・・・
アメリカだけは、全く別世界。これこそ、アメリカンドリーム!
殆どの、四輪、二輪レースの賞金が、べラボ-に高額。

その最高峰が、インディー500マイルレース。

年にたった一度行われるレースだが、その1レース中に、色々な状況に賞金がかけられている。当然、優賞すれば、日本円にして何千万円も貰える。しかも、予選にも、賞金がかけられている。それも、高額。
本選中の、1周の最高タイム(ベストラップ、ファーステストラップ)をたたき出しただけでも、賞金が。新人(初めてインディー500に参加したドライバー)の中で最高の成績を残したドライバーにも、ルーキー・オブ・ザ・イヤーと称して、賞金が出る。

NASCARっていうストックカーレースなんてのも、賞金だけで、大金持ちになれる。

アメリカだけは、別世界である。

でも・・・

日本がヨーロッパを手本にしているってのも、良く考えるとハズレかも。

ヨーロッパでは、他国の選手でも、優勝したり、チャンピオンになったりすると、どこに行っても、英雄扱いである。

モータサイクル世界選手権(WGP)で、日本人がワールドチャンピオンになっても、日本国内では、全く無関心で、全く誰にも知られない。
だが、その日本人がヨーロッパに行けば、どこの国でも、有名人で英雄扱いで、ふらりと寄ったレストランで、頼んでない料理が余計に出てきたり、会計時に、「貴方がワールドチャンピオンのXX様なのは、存じております。当店からの、ささやかな心遣いでございます。」とタダになったりするそうだ。(ワールドチャンピオンになった事もある某本人から直接聞いた話し。友達のヨーロッパのレーサー達が羨ましいと嘆いていたっけ・・・)

ヨーロッパでは、自国のレーサーが優勝しただけで、一般新聞の一面にデカク掲載されたり、自国のレーサーのチャンピオンが決まるやいなや、一般新聞社が号外を出す世界だ。イギリスなんて、イギリス人レーサーがWGPでチャンピオンに2回なると、英王室から「サー」の称号を貰えるくらいなのだ。

ヨーロッパのレースを手本に・・・
と書いてはみたものの、これは、大ハズレかも・・・(笑)

2.日本における古くからの、「レース」=「暴走族か?」=「危険だ!」=「うるさい!」=「乱暴者の集まり?」って誤った認識が現在も蔓延っている。

この誤解を解く為に、大昔から、多くの人達が血と汗の結晶とも言える程の努力をされてきたが、かなり改善されたものの、まだまだ・・・

ヨーロッパでは、子供から、老人までが、弁当を持って、レース観戦に繰り出すくらいで、レースは、「スポーツ」として大いに認識されている。

しかも、日本以外の多くの国では、『レーサー=スポーツ選手=アスリート』と認識されており、「その年に一番活躍したスポーツ選手」に、四輪レーサーや、二輪レーサーが選ばれたりするのである。
日本では、現実はおろか、夢にも出る可能性が0(ゼロ)ではないかと思われる様なくらい素晴らしい話しだと思う。

何より、海外のレースが地上波テレビで放送されないのは、仕方ないかもしれないが、日本国内のレースが、生中継されないのは、オートバイ大国、自動車大国の日本としては、かなり恥ずかしいのではないかと思う。いや、日本人は金儲けにしか興味が無いと思われても仕方ないのかもしれない。

誤った認識が、賞金を安くしていると言うのは、大当たりではないでしょうか?


ん?

何の話しだっけ?

あ、そうそう・・・

現実の日本では、レース賞金じゃ、自分本人一人すら、食っていけないのである。

でも、競輪、競馬、競艇、オートレースのトップの人達は、別でしょうね。

但し、主人公が、その、1レースで、完璧な優勝をして、チームに認められ、翌年に、多くのスポンサーが付いて、契約金もガッポリなんて事になれば、実現しない事もない。(←子供達のホームを救う)

数ヶ月で、実現するかもしれないし、1年後、2年後、3年後・・・駄目かもしれない。

木村君、いや、次郎君!
もし、実力があるなら、アメリカに行きなさい。
4、5年後になるだろうが、賞金でホームを再建って夢のかなうかも・・・

ああ、自分で、何を書いているのかわからなくなりました。(笑)

チェックする気もないので、誤字、脱字、なんぞは、忘れてやってください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAX

  • Author:MAX
  • 私より10cm長身の体育会系な妻(1977生)、ガンダム、エヴァンゲリオン命オタク長男(2001生)、ポケモン、マリオ、3DS大好き柔道家二男(2003生)、可愛い物が大好き、TVゲームは兄達より上手いオシャレ長女(2006生)、いっちょまえに姉と同等な気でいる二女(2008生)と暮らす、1962年生の元ハードロッカー(ギタリスト)

    自動車のモータースポーツライセンス国内A級(当然、限定中型自動車免許も所持。主にジムカーナ競技に参戦してた経歴有り[10年以上]。2000年4月より活動休止状態)、大型自動二輪免許(16歳~30歳まで乗ってた)、アマチュア無線(4級)、第一級陸上特殊無線技士、第2級海上特殊無線技士、工事担任者アナログ第二種等所持。最近、CISCOのCCNAを取得したいと思っている(関連の仕事なので)。

    *2009年11月、実家に引っ越しました。
    *2010年6月、バイク YAMAHA FZX750 を中古で購入。
    休日には、早朝(6時起き)箱根プチツーリング楽しんでます。(ほぼ、箱根駅伝のコースを走行。)
    ※2011年12月、長男がタンデム(バイクの後ろに乗る事)デビューしました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
FC2アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。